平成32年度 成人式ご予約詳細

トップ > ブログ > 平成32年度 成人式ご予約詳細
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HPキャンペンタイトル32.jpg

〇成人式ってとっても楽しいイベント     

毎年12月に入るとすぐに新しい成人の受付が始まるなぁと感じてしまう職業病の担当Fです今回はご予約開始に合わせ、今までお客様から頂いた疑問や知りたい事を7つにまとめてみました「成人式って楽しいイベント?」と疑問符をつけてしまう方が多いのでは?それを解決しましょう

 本当は楽しく、とても意味のあるイベントなのですけど・・なぜ?疑問符が出てしまうのかと考えると・・お金も時間もかかるし、第一着物って普段着ないからわからない!値段やサービスも各社それぞれ違うし複雑・・何が正しいかわからないっ!「本当にコレ楽しいイベント?」と疑問符が付いてしまうのではないかと思います。

ちなみに担当Fもはるか昔に成人式でましたが、今ほど複雑ではなかったと思います下記の「7つの事」でスッキリしていただければ幸いです。ちなみに成人式ってなあに??<参照記事はこちら>

〇成人式を楽しく迎える為に知っておきたい7つの事

目次
1.どうして早く準備を決めたほうがいいの?
2.よくある内覧会・催事・フェアってなに?
3.どうしても料金がきになるし、特典とかって何?
4.前撮り撮影っていったい何?
5.持っている着物で成人式に出るにはどうしたらいいの?
6.振袖コーディネートってできるの?
7.着物の新作?毎回聞くけど、、、本当はいつなの?


1.どうして早く準備を決めたほうがいいの?

簡潔に一言でいうと、「世間の流れ」が早期契約を促しているが一番正しい答えかと思いますwそれと早期に決めておかないと当日の良いお支度時間がなくなってしまうから早く準備されているのです。10年ほど前は成人式準備は1年前~半年前くらいがスタンダードな準備期間だったとおもいます。ところが  下図でご説明しますが、振袖契約=成人式当日予約手配の流れが今の早期契約を駆り立ててしまう原因です。

当日の支度時間はとても大切で、一番良いとされる時間帯は式典受付開始の≒2時間半前がベストと言います。内容はヘア・メイク・着付・会場までの移動時間を考えての2時間半です。例えば式典受付がAM9:30~であればマイナス2時間半のAM7:00から準備開始がベストになります。

このベストな時間<参照記事>には数に限りが各社有ります。時間枠を取られてしまうと、良いお時間はドンドン無くなり早朝5~4時台なんて話になりかねません。しかしながら下図に示すように、一般的には振袖契約をしてからの予約になる為に2年前から当日支度時間欲しさに、早期で振袖契約する方が結果的に増えたのです。

「さくら」の当日時間予約リニューアル!

当日予約時間を先に決める事で一番の不安を解消できるようになりました。振袖は年内に何度も開催されるフェア・催事などにご来店いただいて、後日ゆっくり決めて頂けます。また振袖もお客様のイメージする一番を徹底的に探してゆきますので、ご要望をお伝えくださいね。<当日予約コースをもっと知りたい方は店舗にご確認下さい>



いい例ですが、担当Fは昔アパレルにいたのですが当時セールは1月と7月の2回がメインでしたが、競合他社が、セール前にプレセールを始めました。こぞって担当Fの会社もプレセールを始めましたその繰り返しが「世間の流れ」になってしまっています。激化する商戦よりもお客様の一番いい形を作っていくのがサービス業本来の形ですが、見失いがちにになりますね

 

2.よくある内覧会・催事・フェアって何?

振袖の商品発表会を称して展示会・内覧会・フェアと言います。よくあるのが期間限定・期日限定で展示会を「さいたまアリーナ」や「サンシャイン60」など大きな会場を設けておこなったりしているのを見かけます。普段の店に来店するよりも、商品量が多かったり来場の特典がついていたりするものが多く、基本的にはお店に来店するよりもお得な事が多いと思っていただいて結構です。

昔はこういった展示会に行くと沢山の着物販売員に囲まれて契約せざる負えないなんて話も聞きますが、最近ではそういった内容は少ないと思いますので、お嬢様・ご家族にあった成人式を迎えられる会社を見極めるのにはいい機会だと思いますので思い切って参加してみてください。下図が振袖&フォトスタジオ「さくら」のフェア内容です<日程は内覧会/体験会を参照>

ヘアメイク無料体験とは、成人式さながらのポイントメイク・ヘアスタイルを無料で行います。なぜ?必要ある?と思う方も多いと思いますが、18歳~20歳のお嬢様って成長過程で大きく変化する年ごろです。成人式当日をイメージしてお着物を選んだり、試着してみたほうが、断然着物選定に間違いが起こりづらくなるので、「さくら」では成人式成功の一歩として無料で取り組んでいます。ちなみに前撮り撮影前であれば、気持ちや心・友人との変化で振袖を変更したい場合は変更する事が出来るのも「さくら」の強味ですね※前撮り前撮影前に限り変更可能

  

3.どうしても料金が気になるし、特典とかって何?

「料金」って一番気になる項目ですが、広告やHPをみてもいまいちわかりづらいですよね。それは何故かというと、成人式に掛かる費用が色々と別項目であり、一括してコレ!って説明しにくいからだと思います。大体レンタルで成人式を迎える総額は平均20万~30万ほどかかると思います。

その内訳は主に振袖レンタル代金・前撮り代金・アルバム作成代金・当日支度費用などが含まれての平均ですまた地域や各社の成約特典内容によっても異なるのでご容赦ください。それだけ複雑なんですw

前述で「成約特典」と出ましたので、ご説明します。「成約特典」は複数種類あります。
・固定型特典  会社がずっと続けている成約特典
・流動型特典  時期によって変動する成約特典
・限定型特典  特定の催事・フェアだけ発生する流動型特典です

上記にある流動型特典が時期により内容が大きく変化するので、早期契約がお得な事は事実です。もちろんご家族のタイミングはあると思いますが、早期契約出来るようであれば早期契約をおススメします。

<資料請求はこちらをクリック>

4.前撮り撮影っていったい何?

以前は成人式当日に式典が終わってから、写真館に向かわれた方も多いと思います。現在は前撮り撮影(以後前撮り)が主流になってます。成人式式典の前年にお写真を撮る事を前撮りといいます。最近は振袖をお嬢様に贈る習慣は薄れてきており、振袖ではなくて前撮り写真を残す方が増えてます。

内容としては50~100カットほど撮影して、気に入ったお写真でアルバムを作成するといった流れになります。モデルのような体験ができ、とても楽しまれる方が多いです。ちなみにお嬢様の振袖姿をじっくり見れて、親子でゆっくり会話できるのも前撮りの良さかもしれませんね。式典当日ご両親は時間管理や体調管理・準備・送迎などでお嬢様とゆっくなどは想像もつかないと思います。



5.持っている振袖で成人式に出るにはどうしたらいいの?

お母様の振袖やお姉ちゃんの振袖など、振袖をお持ちの方はお持込みのコースがあります。まずは着てみる事が大切な項目ですので、事前にお店にいってサイズを確認しもらう事と、足りない備品はないか?を見てもらう事をおススメします。

更に当日式典に出る場合は、当日のお支度時間も重要になりますので、こちらも早めに手配されておいた方が安心です。「さくら」ではお持込みの当日受付も始まっておりますので、一度診断・相談をおススメします。なかには持込は受け付けていない会社もあるので、事前に下調べは必須です。

最近のお母様は振袖をもっている方も多いので、持込コースは人気です。帯や周辺小物を変えてお嬢様の好きなようにアレンジされて成人式にでるスタイルが定番になっています。「さくら」の持込詳細は下図をご覧ください。

まずはお電話にてご予約したください。写真スタジオですので、ご予約が入っている場合や、専任の担当が不在の場合対応できない事がございます。来店時に持ってくるものなども重要な要素なので、事前に相談してください。振袖を持ちこんでいただいてお嬢様の寸法確認や、足りない備品診断は無料になっているのでお気軽に足を運んでみてください。振袖の状態により、写真だけで残すのか?レンタルに変更するのか?も判断できるので大変重宝します。

下図はサンプルチラシです。お母様の振袖を「可愛いスタイル」「かっこいいスタイル」等にアレンジした事例です。その他にも、舞妓・花魁やドレス変身などをプラスするかたもいます。まさしく現代の成人式は振袖をお嬢様に残すよりもアルバム重視の傾向がわかりますね

 

6.振袖コーディネートって出来るの?

お母様の時代は振袖のコーディネートは出来なかったと思います。暗黙の了解で着物屋さんが、この着物にはコレって感じが強く好きなようには出来なかったと思います。また当時はおばあちゃんの意見も強く、親が全部決めたというお母様が多いのでは

近年はレンタル・購入・お持込みの振袖にも好きな小物を、お嬢様・お母様の意見も踏まえて一緒にコーディネイト出来るようになっている会社が多いです。ちなみに「さくら」も自由に選べます。個性的にアレンジされている方が多く、見ていて華やかな成人式だなぁと感じます。またフェアなどで親子で選ぶことを一つのイベントとして楽しんでいる方が多いです。 <コーディネート参照>

 

7.着物の新作?毎回聞くけど・・・本当はいつなの?

正直明確な新作発表の時期はないです。「さくら」では「京都きもの工房グループ」<参照>に入っておりグループ内で新作発表の時期が8月になっています。こちらを新作発表と定義していますが、各社それぞれの時期はアパレルメーカーの様に統一はされていないのが現状です。

8月に入荷した着物が翌年の1月~3月までは新作として定義されている事は不自然ではないかと思います。なぜなら着物は伝統衣装です。洋服の様に多種多様なデザインや今年の色などはないのですから。ただし年度によって人気の傾向などはあります。平成32年度の方に関してははレトロモダン調<参照資料>が人気になっています。

なかなか受け入れにくい柄ではありますが、かなり人気です。正統派な古典柄は不動ですが、振袖の世界も流行りはやはり存在しますねw特に特殊な物に関しては生産数も少ないので、こちらも早めに見に行った方が良いです。洋服の様に一つの着物でフルサイズあるわけでは無いです。基本は一点ものだらけな事も、早い者勝ちと言われる所以であります。

〇最後まで読んでいただいてありがとうございます

色々と諸説書かせていただきましたが、まだまだ書ききれていない部分が多いです。まずはご来店してみて販売員にご相談する事をおススメします。「一生に一度の成人式をいい思い出にしてほしい」が振袖&フォトスタジオ「さくら」の想いです。また振袖だけの縁ではなく、お嬢様・ご家族様が「さくら」に長くかかわっていただけるように、日々お客様の満足の追求にこだわっていきます。今後ともよろしくお願いいたします

振袖&フォトスタジオ「さくら」にご興味を持ったお客様
各種ご相談や記事に関して不明な点は店舗にお問合せください<問い合わせはこちらをクリック>
お客様のご来店心よりお待ち申し上げます

担当F

 

 

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加